story

ふたりは、小さな頃
この丘を秘密基地にしていました。
お互い恋心はなく、何でも話せるダチであり、
秘密を共有する同志。
その丘で、二人だけがわかる遊びに興じたり、
大切なものを小さなカプセルに埋めたり。

そんな日々を送っていたことさえ忘れていた、
春の気配を感じる、ある日。
小さなカプセルを握りしめ、何かに呼ばれたように、
ふたりはここに辿りつきました。

そこには、自分たちと同じように時を経て成長した、
巨大なタイムカプセルがありました。

どこか懐かしいけど、
見たことのない新しさを感じるふたり。
自分が変わったのか、世界が変わったのか。
あるいは両方かもしれない。

夢中になってカプセルを開けていくふたり。
むかし好きだった懐かしいものから、
初めて出会う春服まで。
それはまるで、何度も季節をめぐり、
毎年、懐かしさと新しさを感じる「春」のよう。

つぎつぎと「春」をひらいていく。
忘れていた「春」と新しい「春」をひらくために、
ふたりはここに戻ってきたのだ。

3月8日(金)公開予定

Coming soon