• news
  • 特集
  • 連載
  • #ニコフク。

GAKU-MC SHOW

From Ambassador of Brand


vol.4 GUEST:浅見れいな(モデル)
モデルが語る最旬なデニムの着こなしについて。

アーティストであるGAKU-MCがパーソナリティを務め、多彩なゲストとトークを繰り広げる「GAKU-MC SHOW」。第4弾となる今回のゲストはドラマや映画、舞台、バラエティ番組まで幅広く活躍する女優の浅見れいなさん。〈niko and ...〉が今季イチ押しするデニムをトークテーマに掲げ、ファッション誌を中心にモデルとしても活動する浅見さんの着こなし術と共にその魅力について語ってもらいました。さらに今回は、雑誌『オトナミューズ』と連動した企画で、来場した読者の方からホスト&ゲストを務めたおふたりがベストドレッサーを発表。幅広い年齢層のファンが集まったイベントの模様をぜひともご覧ください。

  • Photo_Masahiro Arimoto
  • Text_Yuho Nomura

浅見さんの今年気になる"デニムonデニム"のコーディネイト。

GAKU-MC:早速なんですが、〈niko and ...〉のお店自体はどんな印象ですか?

浅見:洋服だけではなく、雑貨や植物などもあってライフスタイルが見える作りになっていて、一日中いれてしまうなぁと思いました。あとはラインナップしているアイテムもカジュアル過ぎず、大人でも楽しめる上品さもあって、幅広い年齢層の方に楽しんでもらえそうな雰囲気ですね。

GAKU-MC:そうなんですよね。今も店内に〈niko and ...〉のデニムアイテムがたくさん並んでいますが、実際にアイテムは見られましたか?

浅見:まだきちんとは見れていないんですが、リメイクジーンズなどさまざまなデザインのデニムアイテムが揃っていますね!

GAKU-MC:まさに今お話頂いたリメイクデニムは〈niko and ...〉がイチ押しするデニムでもあるのですが、普段はどんなデニムの着こなしをされるんですか?

浅見:普段からデニムアイテムはカジュアルに着こなすことが多いです。今日のコーディネイトでいうと、以前から注目はされていましたが、今年も引き続きデニムonデニムが気分ですね。パッチワークのパンツを選んだことで、まばらな生地感による表情も楽しめて、トップスのデニムもいろんな種類のモノが合わせやすかったりするのでおすすめですね!

GAKU-MC:確かにそうですね。グラデーションを出したりするのも良さそうですね。

浅見:あとはインナーに白のシャツを差し込んでいるのですが、きちんと感を出しながらも、フロントはインして、後ろは裾を出して遊んでみたりするのも良いかなと。デニムとシャツって相性もすごく良いので。

GAKU-MC:おー! これは参考になるテクニックですね〜。さすが浅見さんならではの着こなし術。フォロワーさん必見ですね。僕がやったら娘に注意されちゃいそうですが(笑)。


全体的に統一感のある印象ながら
パッチワークデニムを取り入れたことで豊かな表情を表現。
足元のロールアップでさりげなくこなれ感を演出しているのもポイント。

GAKU-MC:僕自身も普段からデニムは愛用していて、過去を振り返るとデニムばっかり穿いていたなぁと思うのですが、なんだか穿いているだけで安心します。

浅見:デニムって穿いてくうちに馴染んでいくので、そうしたところも魅力だし、自分と一緒に成長していく感じもいいですよね。

GAKU-MC:育てていく感じがありますよね。僕個人としては男ということもあって、汚れとかを気にせずガシガシと穿き込んでいけるのがいいなと思います。

浅見:同じインディゴでも、いろんなシルエットやデザイン、カラーリングもたくさんあって、そうした中から自分の好みのモノを選べるので着こなしの幅もグッとあがります。

GAKU-MC:なるほど〜。ちなみにジーンズは何本くらい持っているんですか?

浅見:最近断捨離したばかりなんですが、今は手元に30本くらいありますかね。

GAKU-MC:すごいですね〜。一日に一本穿き替えても1ヶ月かかっちゃいますね(笑)。

浅見:確かに(笑)。でもやっぱり捨てられないデニムとかもあるんです。

GAKU-MC:その基準はどんなところにあるんですか?

浅見:思い出とかですかね?(笑)。あとは、今はもう穿けないというデニムも昔よく穿いていたりするモノだと、いつか日の目を浴びる日が来るんじゃないかと思って捨てられなくなってしまうんです。

GAKU-MC:僕も最近断捨離を試みたんですが、捨てようか迷ったアイテムがあって、その時にすごく迷ったんですが、取っておいてばかりだと新しいデニムと出会えなくなってしまうんじゃないかなと思い、決意して捨てることができました。

浅見:たまにはクローゼットの中も入れ替えてあげたいですもんね!


ダメージデニムで登場したGAKU-MCさん。
ジャストサイズで着こなすことで
全体的にすっきりとした印象へと仕上がっています。

GAKU-MC:着こなしに関してもお話を聞いていきたいのですが、最近だとカジュアルなシーンだけではなく、カッチリとした場面なんかでも着用する方も増えているのかなと。そのあたりについてはいかがですか?

浅見:例えばスキニーシルエットなら大人っぽくも演出できますし、ワイドなジーンズで股上の深いタイプならショート丈のトップスを合わせたくなります。今年はデニムを使って着こなしに個性とかも出していきたいですよね。

GAKU-MC:デニムとあわせるトップスには何か気を使っていることなどはありますか?

浅見:わりとTシャツやシャツなどでさらっと合わせて、シンプルに着るのが好きなんです。最近だと、ゆるいサイジングのTシャツをデニムにインして着ています。

浅見さんのライフスタイルに迫る質問タイム。

GAKU-MC:なるほど。それでは突然ですが、ここで事前に浅見さんに聞いてみたいという質問をご用意させていただきました。そちらにもいくつかお答えいただければと思います!

―Q:プライベートではカジュアルなデニムなどのファッションが多いですか? またデニムを穿くときに心掛けていることはなんですか?

浅見:そうですね。デニムは多いのですが、その時の気分によっていろんなスタイリングをします。デニムを合わせる時は足元でハズしを入れることを心掛けています。

GAKU-MC:靴もたくさん持ってそうですよね!

―Q:スタイル維持のために毎日運動は行っていますか?

浅見:運動は大好きです。ジムに行ったり、最近はキックボクシングもしたりしてます。あとはマラソンをするので、頻繁に走るようにしています。東京マラソンも出たいんですよね〜。(イベント当日が東京マラソンの開催日でした)

GAKU-MC:僕も毎回抽選に落ちてしまうんですよね〜。

―Q:美容のために食生活で気をつけていることはありますか?

浅見:食べる物を自分でチョイスできるときは有機野菜などを多めに摂ったり、糖質をオフしたりはしますけど、普段はそこまで気にしていません。気がついたときに栄養バランスを整えるようにはしています!

GAKU-MC:やっぱり気を遣われているんですね。

―Q:年齢の変化とともにヘアスタイルやファッションへの考え方にも変化はありますか?

浅見:10代の頃は長かったんですけど、ある時似合わないなと思い、ばっさり切っちゃいました。それからちょこちょこ変えたりはしていますが、基本的にはこのスタイルです!

GAKU-MC:なるほど。浅見さんといえばショートカットのイメージですもんね。今日はありがとうございました!

おふたりの軽快なトークを基に進むトークショーもいよいよ終盤。この日のメインコンテンツでもある来場者の中から選ばれるベストジーニスト賞の発表や、今季〈niko and ...〉のリメイクデニムを手掛けた職人さんたちが実際にミシンを使ったデモンストレーションも行われました。ダメージ加工やストーンウォッシュ、パッチワークなど様々なリメイクデニムが揃う〈niko and ...〉のジーンズはひと足早い春の着こなしにもぴったり。気になる方はすぐにでも、お店へと足を運んでみよう。さらに今月号の『オトナミューズ』はでの浅見さんのデニムの着こなしが特集されています。こちらもぜひチェックしてみてください。



浅見れいな
1983年東京生まれ。レプロエンタテインメント所属の女優。ドラマや映画、舞台、バラエティ番組など幅広く活躍。最近ではモデルとしても活動し、『InRed』や『オトナミューズ』などのレディースファッション誌やカタログなどを中心に人気を得る。