NYC観光協会オススメの夏季限定注目スポットをご紹介します。

マンハッタンよりフェリーで約7分の場所に位置し、東京ドーム約10.7個分の広さを誇る「ガバナーズアイランド(Governors Island)」。
以前は軍事要塞の拠点として使われていた島が再開発を遂げ、現在は歴史と緑があふれるニューヨーカーの憩いの島となっています。
マンハッタンや自由の女神を眺望でき、島内では、ハイキング、レンタルサイクリング、ジップライン、ピクニック等のアウトドアアクティビティを楽しめます。
また、オープン期間中、カルチャーイベントの開催も目白押しで、食事もオイスターやビアガーデン、ポップアップバーと充実。
さらに今年からは、通常平日は18時でクローズするところ、毎週金曜日(5/25 ~ 9/14限定)は午後10時までオープンします。

【アクセス】
ロウアーマンハッタンのバッテリー・マリタイム・ビルからフェリーで約7分 

<運航スケジュール>
月曜日~金曜日:1時間毎、土曜日、日曜日:30分毎

<料金>
土曜日、日曜日: 午前11時半まで無料
往復運賃: 2.00ドル (13歳以下の子供無料)
詳細情報: govisland.com/info/ferry 

ニューヨーク市の夏のイベント情報 :https://www.nycgo.com/maps-guides/seasonal/summer