• news
  • 特集
  • 連載
  • #ニコフク。

連載

Lifestyle with Professionals.


[ 東京・後編 ]

人気バリスタが語る!
東京のコーヒーショップ事情。

前回の記事でご紹介したとおり、「niko and ... COFFEE」「THE LOCAL COFFEE STAND」「COFFEE VALLEY」の3人それぞれのおすすめの1杯をふるまい、場はすっかり和みました。後編では、さらに話を掘り下げて、いまコーヒー業界で起きているトレンドや東京ならではのコーヒーショップの傾向などをお聞きしました!

  • Photo_Ari Takagi
  • Text_Noriko Oba
「 niko and ... COFFEE 」
酒勾隆

最近は「ニコパン」が看板メニューになりつつある〈niko and ... 〉に併設するカフェ。スペシャルティコーヒーを取り扱う「ハニー珈琲」から仕入れた豆で淹れる本格コーヒーを手頃な価格で楽しめる。淹れ方は、ハンドドリップかフレンチプレスから選ぶことができ、常時3種類の豆を用意。(株)アダストリアの飲食担当の酒勾は生粋のコーヒー好きで、カフェ立ち上げメンバーのひとり。
niko and ... COFFEE
東京都渋谷区神宮前6-12-20
11:00-22:00
03-5778-3304
「 THE LOCAL COFFEE STAND 」
大槻佑二

Photo_THE LOCAL COFFEE STAND
国内外の各都市で愛される人気ロースター豆に出会える、新しい形のコーヒーショップ。コーヒーを事前に注文できる決済アプリ「O:der」なら、キャッシュレスで淹れたてを飲むことも可能。バリスタを務める大槻氏は、国内最大級のコーヒーの祭典「TOKYO COFFEE FESTIVAL」の発起人。
THE LOCAL COFFEE STAND
東京都渋谷区渋谷2丁目10-15
8:00-19:00(土日祝は10:00-18:00)
03-3409-1158
thelocal2016.com
「 COFFEE VALLEY 」
小池司

Photo_COFFEE VALLEY
池袋初のスペシャルティコーヒー専門店。自家焙煎はもちろん、浅煎り・中煎り・深煎りと幅広くそろえ、3階にはハンドドリップ専門のフロアもオープン。トーストやサンドウィッチなどコーヒーに合う軽食も人気。バリスタの小池氏は、ロンドンで出会ったコーヒー文化のインスピレーションを得て店を開業。
COFFEE VALLEY
東京都豊島区南池袋2-26-3
8:00-22:00(土日祝は9:00-22:00)
03-6907-1173
coffeevalley.jp
instagram

ロースターさんを繋ぐコーヒー店でありたい。

大槻 佑二さん(以下敬称略):僕のコーヒー店「THE LOCAL COFFEE STAND」は、スペシャルティコーヒーであることだけが重要なのではなくて、ロースターさん(※コーヒーを生豆の状態で
仕入れて、卸売りまたは小売りをする業者)の思いが反映されていることこそが大切だと思っています。そういったロースターさんの存在を、僕らのコーヒー店を通して広めていきたい。

小池 司さん(以下敬称略):そういう発信力がある店や人がお客さんとの間に立って、各地のロースターさんの思いを伝える、という流れができているのはすごくいいことですよね。

酒勾 隆さん(以下敬称略):よくわかります。僕も「niko and ... COFFEE」に豆を卸してくれている「ハニー珈琲」がスペシャルティコーヒーについて、ものすごく楽しそうに語っている姿を見て、コーヒーのおいしさやロースターさんの思いを受け継ぎたい、それをさらにスタッフにも引継いで、お客さまへと届けていきたいと思いました。

最近のコーヒー事情とトレンドは?

大槻:まずはスペシャルティコーヒーがだんだんと定着してきて、扱う側の技術が高まってきたと感じられます。少し前は、フルーティーなものでもお客さまからは「酸っぱい!」と言われてしまうことも多かったですね。お客さまも飲み慣れていないということもあると思いますが、僕たちがおいしいと思うものを酸っぱいとお客さんに言われたということは、焙煎過程にも課題があったのかもしれないと思います。いまはおいしい店が本当に増えたと思います。

酒勾:それはありますよね。以前だったら、おいしいコーヒーが飲めるのは東京のこの店ってピンポイントにしかなくて、わざわざ電車でその店を目的に出かけていたと思いますが、いまは会社や家の近所など徒歩圏内にありますもんね。

大槻:それとともに、コーヒーと一緒に楽しめる料理やスイーツを提供するカフェも増えたように思います。喫茶店のような店が再び流行りだしてるし、そこで出していた喫茶メニューを取り入れるカフェもある。原点回帰のような動きがあると感じますね。

小池:うちもトーストには力を入れています。「niko and ... COFFEE」のコッペパンも充実していますよね。

酒勾:ありがたいことにお客さまからはとても好評です。コーヒーはていねいにきちんと淹れつつ、スムージーやスイーツなど、そのほかのことも広げたいと思っています。

大槻:そういう風に、コーヒー1択だけではないバランスのとれた良いカフェが増えたように思います。おいしいコーヒーにこだわったカフェを出す若い人も増えているし、SNSを通じてお客さまもコーヒー店に行く機会が増えたんじゃないかな。

酒勾:確かに、それは選択肢が増えているということですよね。10代から20代の若い方々でも近所に行きつけのお気に入りのコーヒーショップがあって。

小池:僕も「COFFEE VALLEY」をオープンさせる前に想定していたお客さんのイメージが、開店後と全然違っていたことがわかりました。場所柄、オフィスワーカーがメインかなと思っていたのですが、フタを開けてみれば近隣の住人の方が常連になってくれて。30代前半の女性も多く、ひとりで寛いでいる方もいらっしゃいます。年代も10代から60代まで幅広いですね。

東京にくるお客さまが求める、東京らしいコーヒー。

小池:「COFFEE VALLEY」は池袋にあるので、東京ど真ん中のコーヒーカルチャーというよりは、ややローカル寄りの気持ちでいるのですが、やはり東京は、短めの時間で焙煎をする“浅煎り”が圧倒的に受け入れられている気がします。そんなことない?

大槻:そうだと思うよ。東京以外の都市だと福岡も同じように。店舗数的にも浅煎りに触れる機会が多いからかなと。あとはSNSの力もあって、ここのコーヒーがおいしいらしい、という情報を得てお店に来る方も多いので、そうすると浅煎りも「おいしいもの」として飲んでもらえている気がしますね。

酒勾:それはありますね。あとお客さまの傾向として、東京はやはり外国の方が多い印象があります。「niko and ... COFFEE」では、いま座っているソファー席を好んで座っていただいている姿をよく見受けられますね。

小池:池袋もアクセスのよさ、新宿や渋谷に比べると宿泊費用が少し安いことから、ここ最近海外からのお客さまが本当に増えました。特に感じるのはオーストラリアからのお客さま。

酒勾:彼らは自分の好きなコーヒー、飲みたいコーヒーもわかっているので、メニュー見ないで注文することもけっこうありません?(笑)。

大槻:たしかに。僕もよく海外のお客さまから「今日はこれからこの店とこの店を巡るんだ」と、地図を見せてもらうことがあります。海外のコーヒー通たちも東京で飲むコーヒーにはすごく興味をもっているようですね。

小池:海外の人たちの慣れた感じとはまた逆で、日本人の若い子がすごく緊張しながら入ってくるのも多いですね。入り口で「2名です…」と待っていて、もっと気軽に入ってきていいのにって。

大槻:雑誌やSNSで見て来たけど、専門店でこんな初歩的なこと聞いちゃっていいのかな…とためらうという人もいますよね。こちらとしてはわからないことはどんどん聞いてほしい。

酒勾:本当にそう思います。

大槻:よくどんなコーヒーを頼んだらいいかわからないという人がいるのですが、僕はそんな方たちのための講座を行うこともあります。よくわからない…という人のなかには、産地で細かく覚えようとしている人もいて、それよりもまずは浅煎り、中煎り、深煎りでどれが好きかを試して、そのあとでいろいろな産地のものを飲んでみたらいいですよ、とお話しています。

大槻:カウンターに立って新しいお客さんと接しながらコーヒーのおもしろさをお伝えしていくことは続けつつ、僕としては、同時にバリスタやサービス業全体が底上げできるような活動ができたらいいと思っています。「TOKYO COFFEE FESTIVAL」もその一環で、このフェスがもっと全国に広がって、日本各地にもっと人気のコーヒー店が増えたらいいと思いますし、そのために自分にできることをしていきたい。いろいろなイベントを通して、コーヒーはちょっと…という人たちの目にも触れる機会をどんどん増やしていきたいんです。

小池:僕もこれからもっと幅を広げていろいろなお客さんを受け止めるお店作りをしていきたい。オープンして4年立ちましたが、まずは10年を目標に理想の店に育てていけたらと思っています。

酒勾:大槻さんのように全国各地のロースターさんの思いを伝える活動や、小池さんのように地域とのつながりを大切にされている、というお話を聞いて僕もとても刺激になりました。お二人もコーヒーを通していろいろなつながりをつくっているんだなと思いましたし、それはまさに「niko and ... COFFEE」がやりたいことでもあります。安心で安全なコーヒーを提供しながら、コーヒーを楽しむ“場”が、人とのつながりを感じられる空間になるよう、これからも頑張りたいと思いました。