「 niko and ... COFFEE 」
酒勾隆

最近は「ニコパン」が看板メニューになりつつある〈niko and ... 〉に併設するカフェ。スペシャルティコーヒーを取り扱う「ハニー珈琲」から仕入れた豆で淹れる本格コーヒーを手頃な価格で楽しめる。淹れ方は、ハンドドリップかフレンチプレスから選ぶことができ、常時3種類の豆を用意。(株)アダストリアの飲食担当の酒勾は生粋のコーヒー好きで、カフェ立ち上げメンバーのひとり。
niko and ... COFFEE
三重県津市高茶屋小森町145
イオンモール津南1F
10:00-21:00
059-253-2110
「 OTOMONI COFFEE 」
岩田泰広

Photo_OTOMONI COFFEE
コーヒー好きが高じて独学で焙煎を始め、2012年に三重県松阪市に「otomoni coffee」をオープン。2017年5月末に、松阪市にあるゲストハウス内に移転し、浅煎りのスペシャルティコーヒー専門の店として開店。店ではそれぞれの豆の個性を活かした焙煎方法でご用意。オンラインでも豆を購入することができる。
OTOMONI COFFEE
三重県松阪市中町1857-4 
11:30-18:00(weekday)
8:00 -18:00(weekend)
不定休
otomoni.com
「 NaYA coffee 」
角谷優樹
角谷恭子
角谷恭子

Photo_NaYA coffee
田園風景が広がるのどかな三重県伊勢市に2016年オープン。祖父が所有していた農機具の納屋をカフェとして改築。夫の優樹氏が焙煎した豆を妻の恭子氏がドリップし、ふるまっている。店内では5種類のオーダーコーヒーと1種類の本日のコーヒーを用意。豆は100g単位から購入できる。
NaYA coffee
三重県伊勢市植山町74-5
10:00-16:00 日・月休
0596-37-0220
@naya_coffee
国内外の複数のコーヒー協会が定める評価基準において80 点以上のスコアを獲得した豆に与えられる栄誉ある称号。食品の安全を確保するために、栽培・飼育・加工・製造・流通までの過程を明確にすること、そのサイクルが持続可能であることも重要視された、良質な風味、特性をもつコーヒーのこと。

自然とコーヒーのおいしいマッチング。

酒勾 隆さん(以下敬称略):「niko and ... COFFEE」は、三重県初進出だったのですが、オープンしたばかりのカフェにこれだけたくさんのお客さまが来てくれていてうれしいです。ちなみに、三重県と言えば伊勢神宮が思い浮かびますが、やはりカフェに来る方も他県からの観光目的の方が多いのでしょうか?

岩田泰広さん(以下敬称略):「OTOMONI COFFEE」は、ゲストハウスの1階という立地状況もあって、比較的外国人の方も多いですね。朝のコーヒーをテイクアウトして、外に出て寛ぎながら飲んでいる姿もよく見ます。彼らがあとから旅を振り返って、いちばんおいしかったコーヒーとして思い出してもらえたら。そんなことも僕のモチベーションのひとつです。

酒勾:外でコーヒー飲むのいいですよね。僕も会社の仲間と泊まりがけでキャンプに行くときは、必ずドリップ一式を持っていき、みんなにコーヒーを淹れますよ。たき火でお湯を沸かしたり、軽いトレッキングをしたあとにブレイクでコーヒーを味わう時間はホッとしますし、自然に囲まれた中で飲むのはやはり特別感があります。自然とコーヒーはすばらしいマッチングですよね。

角谷恭子さん(以下敬称略):うちのカフェにも畑仕事の行き帰りに寄ってくれる90代のおばあちゃんがいるんです。おじいちゃんの仏壇にお供えする用の1杯と自分の分の2杯をテイクアウトするときもありますし、畑からデリバリーの電話がかかってきてお届けしたこともあります(笑)。畑仕事のあとにのんびりとおいしそうに飲む姿はとても素敵でいいなぁと思いましたね。

酒勾:90代のおばあちゃんが常連なんていいですね。「niko and ... イオンモール津南店」にも常連の方がたくさんできるといいなあ。「niko and ... COFFEE」は、お客さまと楽しくおしゃべりするというのがなかなか難しいので、そういう状況はすごくうらやましいですね。

岩田:常連さんとコーヒー1杯を挟んでおしゃべりをするのは店の日常の光景です。そうやって毎日のように来てくれる方もいれば、旅の途中に立ち寄ってもしかしたら二度と会わないかもしれない人もいて。つくづくコーヒーはさまざまな人とのつながりを生むものだと思います。

角谷優樹さん(以下敬称略):僕も農業が休みの日や雨の日などに店に出るときは、お客さまのことを「家に遊びに来た知人」だと思って、親しみを込めてドリップしています。お客さまのなかには、ネットの情報を見て他県から来てくれる方もいますが、やはり普段は地元の常連さんが多いですね。この間は、ご近所の70代のおじいさん同士が、うちの店で話すうちに意気投合してアドレスの交換をしていて(笑)。カフェが出会いの機会をたくさん生んでいけたらいいなと思いました。

角谷(優):その試みのひとつとして、僕の弟がメンバーのパントマイムデュオ「ゼロコ」の公演をうちのカフェで企画しています。パントマイムを地元の方に楽しんでもらったり、また彼らを観に来る東京のお客さまに「NaYA coffee」の存在を知ってもらったり。いろいろな出会いの矢印がカフェのなかで交差していたらおもしろいですよね。

バリスタが行うコーヒーの保存方法は?

酒勾:時々お客さまに豆の保存の仕方について聞かれるのですが、みなさんはコーヒー豆の保存はどうしてますか? 「niko and ... COFFEE」ではこの黒い容器を使っています。これは元々、薬剤や液体を入れるための医療用・工業用の容器なんですよ。光も通さず、温度変化もしにくいので、豆の保存には最適で、気に入って家でも使っています(笑)。

岩田:へぇ、これはいいですね! 僕も保存に関してはけっこう悩んで、これまで密閉できる容器をいろいろと探したのですが、いまはこのガラスの瓶に落ち着きました。本来は光を避けて、完全に密閉できるのが理想ですが、保存しながら豆に変化が起きてもいいんじゃないかと思うようになり、ガラス瓶にたどり着きました。


岩田:というのも、先日仕事で沖縄にコーヒーを淹れに行ったとき、おもしろいことが起きたんですよ。そのイベントで残ったコーヒー豆を沖縄のバリスタにプレゼントしたら、しばらくして「1週間後に入れたコーヒーが、甘みを増してハイビスカスのようないい香りがした!」と教えてくれたんです。保存の間に熟成が起きたのか、そこは定かではありませんが時間が経った豆にそんな素敵な変化が起きる可能性があると知ったんです。だったら、光を通すガラス瓶を使うのもいいかなと思いました。

角谷(優):保存に関してはうちもまったく同じで透明の瓶です。店頭では100gから販売していますが、お客さまには1週間程度で飲みきれる量の購入をおすすめしています。

酒勾:なるほど。淹れ方と同様、全然違う保存方法が出てくるかもしれないと思いましたが、保存方法にはおふたりに共通点がありましたね。いままで僕は東京、名古屋、三重といろいろなバリスタの方に出会い、目の前でコーヒーを淹れて頂いたのですが、ひとつとして同じ淹れ方はなかった。それぞれが切磋琢磨されてたどり着いた、1杯のコーヒーを飲めて胸が熱くなりました。「niko and ... COFFEE」もまだまだ進化していけるよう、頑張ります!