MENU
MENU

uni9ue SENSES 〈niko and ... 〉が発信するユニークセンス。

「オランジーナ」人気の立役者、
ポスター画家、ベルナール・ヴィルモとは。

フランス生まれの炭酸飲料「オランジーナ」と、〈niko and ...〉のコラボレーションが実現! ファン必見のスペシャルなアイテムや、期間限定のコラボドリンクが登場します。そこで今回は、1950年代に「オランジーナ」の人気に火をつけたフランスの画家、ベルナール・ヴィルモについて探ります。

  • Photo_ Hiroyo Kai
  • Text_ Momoka Ohba

世界的に有名な広告ポスターの数々を手がけたヴィルモ。

“地中海で育ったオレンジの美味しさを1年中どこにいても味わってほしい”という創業者レオン・ベトンの思いのもと、1936年に誕生した炭酸飲料「オランジーナ」。フランスでは古くから“バカンスの味”として親しまれ、80年以上が経った今でも、オレンジ本来の深い味わいで世界中の人たちから愛されています。そんな「オランジーナ」の人気に拍車をかけた人物が、1953年からポスター広告のビジュアルを手がけた画家、ベルナール・ヴィルモです。1911年にパリで生まれたヴィルモは、20代のはじめに、劇場ポスターの巨匠として知られるグラフィックデザイナー、ポール・コランのもとで絵画を学びました。1940年代からは「エールフランス」や「ペリエ」などフランスを代表する企業のグラフィックを担当。さらに同時期には、同じくポスター画家のレイモンド・サヴィニャックとともにパリでポスター展を行うなど、精力的に活動の幅を広げていきました。そんな彼を一躍有名にしたのが、バカンスを感じさせる陽気な色彩が印象的な「オランジーナ」の広告でした。青い空と輝くビーチ、そして、ビキニやパラソル、髪のカールで表現された渦巻き状のオレンジピールの絵が、“いつまでも記憶に残る広告”として「オランジーナ」とヴィルモのファンを増やしていったのです。

今回、そんな「オランジーナ」と〈niko and ...〉のコラボレーションが実現。ヴィルモのイラストの入ったポストカード付きのフォトフレーム、涼しげなガラスのマグ、「オランジーナ」の缶を型どったユニークなiPhoneケースなど、ファン必見のアイテムが登場します。

そして、対象商品をお買い上げの方には、〈niko and ...〉と「オランジーナ」のロゴが入ったキーホルダーをプレゼント!※一部対象外がございますのでご了承ください。

さらに、全国の〈niko and ... COFFEE〉ではコラボドリンク「アイスフルーツオランジーナ」を7月21日(金)より販売スタート。「オランジーナ」にフローズンフルーツやレモンゼリーを組み合わせた、見た目にも涼しげなデザートドリンクです。ぜひ、お店でドリンクを片手にショッピングを楽しんでくださいね!


「アイスフルーツ オランジーナ」¥500+Tax