• news
  • 特集
  • 連載
  • #ニコフク。

特集

Catch Up!


坂口健太郎さん、忽那汐里さんが着る
オリジナルレザージャケット。

徐々に店頭では秋物入荷が始まっていますが、その中で特におすすめなのがオリジナルレザージャケットです。本物のシープレザーを使用しているのに、3万円以下のリアルプライスを実現。そんなこだわりのアイテムを、〈niko and ...〉のブランドパートナーである坂口健太郎さんと忽那汐里さんに着用いただきました。

本物のシープレザーを使用した着やすいレザージャケット。

新作のレザージャケットの最大の魅力は、その素材。本物のシープレザーは品のいい光沢感があり、その軽さと柔らかさで着心地も抜群。そして飽きずに長く着られるように肩章やウエストベルトを取り除き、シンプルなデザインに仕上げました。肉厚すぎず、初秋から冬まで長く着用できるのも嬉しいポイントです。

坂口さんと忽那さんが魅せるレザージャケットスタイル。

今回は秋のキャンペーン撮影現場にお邪魔し、春夏に続きブランドパートナーを務める坂口さんと忽那さんにこだわりが詰まったオリジナルレザージャケットを試着していただきました。

坂口さんと忽那さんも驚くクオリティ。

坂口さんは、白Tシャツと側章入りのワイドデニムを合わせたシンプルな装い。リラックス感を出しながらも、レザージャケットでモードな雰囲気がプラスされていました。一方、忽那さんはふわりと広がる黄色いスカートを挿し色にした華やかなコーディネートに。カジュアルな着こなしに、ほどよくエッジを効かせた感度の高いスタイリングが印象的です。


着用した感想を伺ってみると、おふたりともそのクオリティの高さに驚いた様子。

「ダブルのレザージャケットって、やっぱり定番の形ですし一着持っていると着回しの幅が広がるアイテムですよね。デザインがシンプルだから、使いやすそう。しかもこの質感でアンダー3万円というのは、本当に驚きです」(坂口さん)

「現場のスタイリストさんも普通に10万円くらいするものかと思った、と言ってました。レザージャケットって、ハードなイメージだから女の子はなかなか手を出しにくいアイテムだったりするけど、これは質感がすごく柔らかいので、ハード過ぎない雰囲気がいいですよね」(忽那さん)

着回しの幅が広がる本格派のオリジナルレザージャケットは、9月6日発売予定。坂口さんと忽那さんも驚いた完成度の高さと着やすさをぜひお店でお試しあれ!