料理家
トラネコボンボン・中西なちお
2007年より旅するレストラン、トラネコボンボン主宰。穀物と野菜を中心に、さまざまな国に旅行に出かけた気分で楽しんでほしいというカラフルで美しいケータリング料理で知られる。
What is a diary for you?
手帳は記憶のスケッチ。
Q.手帳を使う目的は?

年間スケジュールは前年度にほぼ決まるのでパソコンで管理してますが、手帳には出先で急にできた予定や、覚えておきたいことを書き留めています。たとえば本や映画のタイトル、ふと思いついたことや見聞きしたこと、誰かの名言からおもしろい言葉まで。外国では特に、ありとあらゆる場所やものの名前が気になってメモしてしまいますね。

Q.手帳を書くときのこだわりは?

スケジュール欄は煩雑にならないよう、料理、撮影、個展などの仕事は「赤」、旅行日程や航空券などの旅情報は「青」、そのほかは「黒」と、3色で書き分けるのがマイルール。レシピのアイディアが思い浮かんでメモ欄を使うときは、色を気にせずペンを走らせています。

Q.手帳と文具の選びかたは?

イラストを書くことも多いので、余白の多いウィークリー型をよく使います。使うペンは、水性で細字の3色ボールペンと、修正ペンの2つのみ。 書いている最中にインクが切れてペンの色が変わるのが嫌いなので、手帳を使いはじめるときに同じペンを3本買ってしまいます。

Q.手帳に求めることは?

シンプルであること。ただ、荷物を軽くするために小さい手帳を使ったら、書くところが足りずすぐに買い換えた経験も。メモの部分は、ミシン目になっていて切り取れると嬉しいですね。気に入った落書きを保管しておいたり、その反対に気兼ねなく捨てたりすることもできるので。

キャッチーな表紙の手帳を
豊富に揃えています。
今年も〈niko and ...〉オリジナルダイアリーが続々と登場! 手帳の中身はクリエイターが使用した、「マンスリー型」と「ウィークリー型」の使いやすい2タイプをご用意。今季新作である動物や雑貨のイラストなど、キャッチーな表紙のものも豊富に取り揃えています。ぜひ店頭または「.st」にてチェックしてみてください。
他のクリエイターの手帳を見る
『PAPERSKY』編集長
ルーカスB.B.
「アイデンティティを表すもの。」
モデル
花梨
「書くことが引き寄せる力になる!」
『L PACK.』アーティスト
小田桐奨
「自分史を辿るツール。」
『VOILLD』ディレクター/キュレーター
伊勢春日
「感じたことは割愛せずラフに書く!」
イラストレーター
moeko
「毎日の充実度を図るもの。」