『L PACK.』アーティスト
小田桐奨
「コーヒーのある風景」をつくるアーティストユニット〈L PACK.(エルパック)〉として各地のアートプロジェクトに参加するかたわら、2018年には横浜郊外に日用品店『DAILY SUPPLY SSS』をオープン。
What is a diary for you?
自分史を辿るツール。
Q.手帳を使いはじめたのはいつですか?

僕はいま、全国各地のアートプロジェクトなどでコーヒーと食事を提供して、街の要素の一部となることを目指す「L PACK.」として活動しています。大学4年のときに「L PACK.をやるぞ」と決めたことが、手帳を使いはじめたきっかけに。あとで自分の歴史を振り返ったときに、書き残しておきたいことが多いから手帳を使っているようなものなんです。

Q.どんな手帳を使っていますか?

長期プロジェクトがひと目でわかるマンスリー型の手帳が管理しやすいですね。ただここ最近、スケジュール管理はすっかりiPadに移行しつつあって、メモ欄が多いものを選ぶようになりました。アイディアを書き溜めるときは、iPadよりも手書きがしっくりくるんですよ。

Q.手帳に必ず入れるものは?

職業柄、展覧会の招待券をいただくことが多いので、よく手帳に挟んでいます。行けなさそうなときでも、持ち歩いていれば誰かに譲ることもできるので。日本中の芸術祭や美術館のスケジュールが書いてある手帳があれば欲しいですね。

Q.手帳を書く上で欠かせない文具は?

左利きって相性のいいペンがあまりないのですが〈PILOT〉の「HI-TEC-C Cavalier」のボールペンは、少し重量感があって左利きでも線がかすれずに書けるので重宝してます。あとは、色を足すための7色鉛筆、太い線を描きたいときのカリグラフィーペンは常に持ち歩いてます。

キャッチーな表紙の手帳を
豊富に揃えています。
今年も〈niko and ...〉オリジナルダイアリーが続々と登場! 手帳の中身はクリエイターが使用した、「マンスリー型」と「ウィークリー型」の使いやすい2タイプをご用意。今季新作である動物や雑貨のイラストなど、キャッチーな表紙のものも豊富に取り揃えています。ぜひ店頭または「.st」にてチェックしてみてください。
他のクリエイターの手帳を見る
料理家
トラネコボンボン・中西なちお
「手帳は記憶のスケッチ。」
『PAPERSKY』編集長
ルーカスB.B.
「アイデンティティを表すもの。」
モデル
花梨
「書くことが引き寄せる力になる!」
『VOILLD』ディレクター/キュレーター
伊勢春日
「感じたことは割愛せずラフに書く!」
イラストレーター
moeko
「毎日の充実度を図るもの。」