イラストレーター
moeko
1993年、宮城県生まれ。シンプルな線と色使いで描く、どこかひと癖のあるイラストが特徴。雑誌の挿絵や企業とのコラボレーション、グッズデザインなど幅広く手掛けている。
What is a diary for you?
毎日の充実度を図るもの。
Q.手帳を使う理由は?

はじめて手帳を持ったのは大学生のとき。予定を書くことを楽しみに購入したのに、アルバイト以外に予定があまりなかったため、手帳を使い続けられないことがたびたびありました。イラストレーターとして日々が充実するに比例して、手帳の中身も充実したものに。わたしにとって手帳とは、予定を把握するのはもちろん、日々の充実度を再認識するためのものなんです。

Q.手帳を書くときのマイルールは?

スケジュールが埋まっていく感覚がつかみやすいマンスリー型の手帳を使い、仕事とプライベートの書き分けを大切にしています。仕事の予定は、方眼テープを貼り、日付をまたいで線で繋いで、重要な日にゴールドの丸シールを貼ってひと目でわかるように。プライベートは、文字の書体を変えて英語で書いたり、イラストを書いたりして気分を盛り上げてます!

2019ダイアリー(10月はじまり・マンスリー型)
¥1,000+TAX
そのほか本人私物。
Q.手帳を書くときに使う文具は?

最近見つけたお気に入りの文具は、方眼のデザインのマスキングテープ。水性ペンでも書ける万能さ。〈MARVY UCHIDA〉のLa Penのカラーペンは、きれいな紫色がお気に入り。ニューヨークの「BOOK MARC」で購入した〈MARC JACOBS〉のボールペンと、ほどよい太さが便利なラッションPenも愛用中です。

キャッチーな表紙の手帳を
豊富に揃えています。
今年も〈niko and ...〉オリジナルダイアリーが続々と登場! 手帳の中身はクリエイターが使用した、「マンスリー型」と「ウィークリー型」の使いやすい2タイプをご用意。今季新作である動物や雑貨のイラストなど、キャッチーな表紙のものも豊富に取り揃えています。ぜひ店頭または「.st」にてチェックしてみてください。
他のクリエイターの手帳を見る
料理家
トラネコボンボン・中西なちお
「手帳は記憶のスケッチ。」
『PAPERSKY』編集長
ルーカスB.B.
「アイデンティティを表すもの。」
モデル
花梨
「書くことが引き寄せる力になる!」
『L PACK.』アーティスト
小田桐奨
「自分史を辿るツール。」
『VOILLD』ディレクター/キュレーター
伊勢春日
「感じたことは割愛せずラフに書く!」