「かっこいい移動着がほしい」選手の思いを叶えたウェア。

『ペスカドーラ町田』の人気の秘密はなんといっても、すばやいパスワークと高い攻撃力。地元町田の人たちはもちろん、コアなサッカーファンや多くの女性ファンからも熱い声援が送られています。

そんな人気クラブが抱える念願の想い、それは「かっこいい移動着がほしい」ということ。発足11年を誇るクラブの想いをぜひ叶えたい、彼らをサポートしたいと手をあげたのが〈niko and ...〉がプロデュースする〈NUMERALS〉。「日常の機能服」をコンセプトに掲げる〈NUMERALS〉が、選手のためにデザインし、彼らにぴったりの機能を備えたカジュアルスタイルのジャケット、パンツ、Tシャツ、リュックを提供しました。

この日、ブラックで統一されたお揃いのジャケットスタイルで登場した選手一団。遠目から見ても迫力満点、ユニフォーム姿とはひと味違ったかっこよさが際立っています。「着心地がいいね」「前のものよりかっこよくてなんか照れるな」などの声も。

街でもグラウンドでも活躍! 洗練されたデザインと抜群の機能性。

都市型ライフスタイルウェアが豊富に揃う〈NUMERALS〉のアイテムは、どれも機能的でありながら、洗練されたデザインであることが何よりの魅力。今回提供した移動着にもそんなブランドのこだわりがたっぷりと詰まっています。

バッグ ¥6,000+TAX ※店舗及び「.st」で販売されるものとは、ファスナーの形状・付属品が異なる場合がございます。
ジャケット ¥14,000+TAX

ジャケットには抗菌防臭機能が備わり、伸縮性のある素材で着心地も抜群。生地には独特のハリ感があるので見た目もカッチリしすぎず、絶妙な抜け感やラフさに都会的なセンスを感じさせます。腕部分には、ブランドのフィロソフィーでもある“URBAN FIT”、そして“TOKYO”のロゴが黒のグラデーションで入り、デザインの絶妙なアクセントに。パンツもジャケット同様、抗菌防臭機能付きで、また、ストレッチ性があり履きやすい仕上がりになっています。

そして、移動には欠かせないリュックにもこだわりが満載。一見、いかにもスポーツバッグという見た目ではないのに、下にはスニーカーを収納でき、上部分には運動後のウェアを入れられるなど、スポーツをする人を意識したデザインを施しています。


パンツ ¥8,000+TAX

スポーツウェアとしても活用できるTシャツは、伸縮性はもちろん吸汗速乾にも優れ、サラサラとした素材で肌触りのよさも魅力的です。ファスナー付きポケットもあり、携帯や小銭などちょっとした収納も可能。スポーツ中だけでなく、日常着としてデイリーに活用できるのが、〈NUMERALS〉らしさでもあり、いわゆるスポーツ専用のTシャツとは異なる大きなポイントです。


Tシャツ ¥3,500+TAX

ジャケットには、ネームを入れられるスペースも。『ASVペスカドーラ町田』のロゴ入りのタグも施されています。今回、選手に提供したアイテムは〈niko and ...〉の一部店舗と「.st」にて購入可能。お手頃な価格を実現したこだわりのアイテムを、ぜひチェックしてみてください。

「これを着て、全員で空港を歩く日が楽しみです」

実際に着てみてどう感じたか、チームのムードメーカーである2人にお伺いしました。まずは、3年前に『ペスカドーラ町田』に移籍しチームの要として活躍する森岡薫選手(左)。これまで4度の得点王、そして5度にわたるMVP受賞など、ミスターFリーグとも呼ばれる森岡選手に感想を聞くと、「すごく気に入りました」と即答。
「カッチリとしたスーツだと体の動きに制限がかかり、それは試合に入る前の体にはけっこうキツいんですよね。でも、今回のようなストレッチの効いたカジュアルなスーツは、体への負担が一切なく快適。試合前のコンディション面でもとても大事なことなので、着た瞬間にいいなと感じました。それに、カジュアルスタイルなのでスニーカーに合わせられるのがうれしい。革靴での移動は足が疲れることもあるので、スニーカーで移動できたらと思っていたんです。職業柄、僕らにとって足のコンディションを整えることはすごく大事なので。」

Fリーグで随一のスピードをもつ、中井健介選手(右)にもお話を伺いました。「ひとりで着てもサマになるウェアですが、同じものを着た団体が空港にいたらきっと映えるだろうなと想像してワクワクしました。着心地についてもフィッティングの時点で驚いたんですよ、こんなにストレッチが効いてるんだ! って。感動しました。あと、“TOKYO”のロゴが気に入ってます。僕らも東京のチームですし、遠征試合に行ったときにも東京から来ているのが一瞬でわかるのもいいなと感じました。」

普段から〈NUMERALS〉の服を愛用してくれているという選手たち。今回のサポートに関しても「本当にありがたいです。こんなかっこいいものをつくっていただき、僕らもブランドの名前にふさわしい結果を出していきたいです。」と熱い想いを語ってくれました。

Fリーグが発足した2007年から町田市に拠点を構え活動する『ペスカドーラ町田』。地元企業がスポンサーについたり、チームが地元の小学校などで教えたり、地元のイベントに参加したりと、町田市のシンボル的な存在になりつつあります。

攻撃的なスタイルで観客を多いに沸かせながらも、初期の頃はなかなか思うような成績が出せずもがいていた時期もあったそうです。しかし、Fリーグ最高峰の守護神と言われるイゴール選手や、森岡選手の活躍、そしてチームの結束力の高まりも重なり、2年連続で準優勝を飾っています。練習が始まると、和気あいあいとした雰囲気から一転、みな真剣な面持ちで全力疾走。戦略を確認しながら、次の試合への士気を高めていました。“優勝”を胸に練習に励む日々です。

練習を終え、会場をあとにするときにも〈NUMERALS〉が活躍。運動後の体にも負担をかけないストレッチ生地や、汗を吸いすぐに乾く機能性は、アフタースポーツの際にもうれしいポイント。試合に向かうとき、試合を終えてひと息つくとき、〈NUMERALS〉が少しでもモチベーションにつながれば…。そんな想いとともに、〈niko and ...〉はこれからもチームの活躍を祈っています。

PROFILE
ペスカドーレ町田

『ASVペスカドーラ町田』は1999年に設立。2007年より東京都町田市を本拠地としてFリーグに加盟するフットサルクラブ。第21回全日本フットサル選手権で優勝、Fリーグ2016〜2017・Fリーグ2017〜2018と2年連続準優勝。今シーズンは悲願のFリーグ初制覇を目指す。